Student-Business

プログラミング・フィリピン留学・海外旅行など自分の体験を記事にしています

アニメ・漫画

【アニメ映画】「心が叫びたがっているんだ。」を視聴したのでレビュー

NmsIRU

引用元:ANIPLEX

「心が叫びたがっているんだ」は、「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない」のスタッフによるオリジナル劇場アニメーションです。アニメ映画として公開されましたが、大反響で興行収入が11億円超えの作品となりました。

あらすじ

幼い頃、何気なく発した言葉によって、
家族がバラバラになってしまった少女・成瀬順。

そして突然現れた“玉子の妖精”に、二度と人を傷つけないようお喋りを封印され、言葉を発するとお腹が痛くなるという呪いをかけられる。それ以来トラウマを抱え、心も閉ざし、唯一のコミュニケーション手段は、携帯メールのみとなってしまった。
高校2年生になった順はある日、担任から「地域ふれあい交流会」の実行委員に任命される。一緒に任命されたのは、全く接点のない3人のクラスメイト。本音を言わない、やる気のない少年・坂上拓実、甲子園を期待されながらヒジの故障で挫折した元エース・田崎大樹、恋に悩むチアリーダー部の優等生・仁藤菜月。彼らもそれぞれ心に傷を持っていた。

引用元:心が叫びたがってるんだ。 公式サイト

感想

まず飛び込んできたのは、可愛らしい絵柄や声で少し残念に思ってしまったのですが、後には重いシリアスな内容が続き大人も楽しめるアニメ映画というのに納得。開始8分程度で主人公の幼少期回想して、タイトル「心が叫びたがっているんだ。」が出てきたときには、なるほどと感心してしまいました。おしゃべりな成瀬順が喋れなくなってしまった経緯を若干コミカルに表現していたのでしょうか。

なぜ心が叫びたがっているのかを最初に簡潔に表現した後、本編にはいりました。

そして、成瀬順の高校生時代に突入。ここでもうまく高校生時代というものを表現しています。とにかく周囲の人間を個性豊かに描いているのですが、しっかりまとめられています。人間関係がどろどろしていて若干だるいですが、それも甘酸っぱい青春と心の闇のを表現しているためでしょう。

クラスの出し物としてミュージカルをするために奔走していくので、「Over the Rainbow」、「Around The World」といったミュージカルの名曲に歌詞を振り付けたものが劇中に登場したりして楽しめます。あと、リアリティを追求しているヒューマンドラマも楽しめるのですが、個人的には風景描写とかを楽しんでました。

にしても、この映画の魅力は内容の良さとは一概に言えないかもしれません。内容よりはテンポの良さを評価したい。さくさく進んで気持ちのいい感じでした。重い内容もありますが、テンポの良さで不快感が払拭されている感覚でしょうか。

-アニメ・漫画

おすすめ記事

1
【ホワイトニング】自宅で歯の黄ばみを白くするなら歯磨き粉トゥービーホワイトがおすすめ!理由と効果まとめ

  自宅で、歯磨きするだけで歯を白くできる市販の歯磨き粉をみなさんはご ...

h1_kv_04 2
ポイントたまりすぎ!マクドナルドで楽天ポイントカードが使用可能に!マックでの使い方・活用方法まとめ

  早くて安くておいしいマクドナルドを、よく利用しているという方も多い ...

71-iFIHKV6L._SL1500_ 3
【Aukey PL-WD06】スマートフォン用カメラレンズなら旅行で風景写真が綺麗にとれる!

いい写真を撮りたくて、一眼レフやコンデジを買いたいと思う方は多いでしょう。しかし ...

StockSnap / Pixabay 4
【在宅ワーク】在宅で記事を書くライターになり1文字1円以上の収入を得る方法

最近、文章を書く力・文章構成力にオシャレさを見出してきました。 文章を書くのにも ...

2 5
初心者のためのWebデザイン独学の方法と参考書を現役エンジニアに聞いてみた

今回は、htmlとcssといったWebデザインに関してどうやって学べば良いかを、 ...