Student-Business

プログラミング・フィリピン留学・海外旅行など自分の体験を記事にしています

海外情報

海外旅行には両替レートがお得で使い方も簡単なマネパカードが超便利

2017/02/16

マネパカード

マネパカード

海外旅行をするときに絶対必要なこと、それは「外貨両替」でしょう。

今回は、海外旅行の強い味方、海外専用プリペイドカード【マネパカード】についてまとめてご紹介します。欅坂46も宣伝を始めました!

マネパカードとは?

FX会社が発行・運営している海外専用プリペイドカードです。外貨両替をお得にできる上、1枚で5つの通貨をチャージすることができます。

また、マスターカードのマークのあるお店では、「クレジットカードのように支払いができ海外のATMで現地通貨を引き出すことが可能」です。

1枚のカードでチャージすることができる通貨は、米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドル、香港ドルの5通貨。発行手数料・年会費は無料です。つまり、カードを保持するだけだと料金は一切かかりません。

さらに外貨両替を安く行うことができるお得なカードです。

動画でもとても分かりやすく解説されています。

マネパカードの申し込みは簡単

カードの申し込みの手続きが大変だと思う方も多いでしょう。

しかし、マネパカードなら本当に簡単に作れてしまいます。詳しくは動画をご覧になってみてください。

マネパカードとクレジットカードの比較

マネパカードはどんなところが便利なのでしょうか?

メリットは主に3つあります。

①発行時の審査が不要

クレジットカードを作ろうとすると、審査が必要になってきます。

必要情報を細かく記載したのに、審査が通らず悔しい思いをしてしまった経験がある方も少なくはないでしょう。

しかし、マネパカードなら心配無用です。作成時の審査が不要なので、高校生でも作成することができます。

マイナンバー通知カードなどの本人確認証をネットで送信するだけで簡単に作れました。

②為替手数料がお得

マネパカードでは、為替手数料がとても安いです。

img_about_index05

しかし、国内の銀行や海外現地で外貨を両替しようとすると、通常のレートに手数料が上乗せされてきます。

例えばある日の為替レートが1ドル=107.29円だった場合。

同じ日の同じ時間に、三菱東京UFJ銀行での両替レートは1ドル=110.02円

外貨両替サービスで有名なトラベレックスでは、1ドル=109.95円

ということがありました。

対してFX会社では1ドルあたり20銭~40銭で両替することが可能です。これは何も銀行等がぼったくりをしているわけではありません。

FX会社と銀行では毎日両替取引が行われる金額や回数に雲泥の差があります。圧倒的に多くの取引を行っている為に、FX会社は手数料が安くても利益をだすことが可能なのです。マネパカードはFX会社が発行している為に、安い手数料で外貨両替を行うことができます。

例)2016年5月30日の日本円→米ドルの両替レート(手数料込)で比較した場合

マネパカード 1米ドル=111.55円
クレジットカード 1米ドル=112.81円
三菱東京UFJ銀行

(窓口)

1米ドル=113.60円

③使いすぎる心配がない

非日常感が味わえる海外旅行では、ついつい財布の紐が緩みがち……。

しかしプリペイド式であるマネパカードなら、あらかじめ金額をチャージしておく必要があるので使いすぎる心配がありません。楽しい海外旅行の後、クレジットカード明細を見て青くなる、ということもなくなります。

発行したマネパカードはどうやって使うの?

プリペイドカードである為、事前にチャージをしておく必要があります。このチャージがクレジットカードに比べると少々手間だと感じる方もいるようです。

ただし、慣れてくればそれほど面倒を感じずにサクッと終わらせることができます。

1:まずは国内でチャージ

チャージをするために手順は以下の3つです。

1、会員サイトにログインする

2、専用口座に入金する

3、残高が反映されたら両替する

これだけで準備完了。銀行で両替するよりはるかに手数料がお得なので、両替してガッカリすることもなくなります。

2:海外で利用する

海外では、マスターカードのマークがついたATMで現地通貨を引き出すか、クレジットカードのように支払いに利用することができます。現地ATMが日本のように整備されているか不安という方もご安心ください。空港や大型のショッピングモールに行けば、ほぼ間違いなくATMが設置されています。

1回あたりの現地ATM手数料は以下のとおり。

  • ドル:2USD/回
  • ユーロ:1.75EUR/回
  • 英ポンド:1.5GBP/回
  • 豪ドル:2.5AUD/回
  • 香港ドル:20HKD/回

銀行や現地両替を活用するよりトータルでは大きくコストダウンすることが可能です。

またカードショッピング保険もついているので、カードで購入した商品が破損・盗難した場合でも総額50万円まで補償されるメリットもあります。

気をつけるべき点としては、上記の5通貨以外の通貨をカード利用すると、コストが高くなることがあります。利用額の3%のクロスボーダー手数料がかかる為です。使用の際には、注意しておくことをおすすめします。

もちろんこれはデメリットですが、他のカードと比べて為替手数料が安いので、ドルに両替して持っておいて、上記の5通貨以外の通貨に両替できるというメリットもあるので何とも言えません。

実際に、フィリピンではドルの方が両替する際のレートが良かった為、私はそのようにして日本円をドル、ドルをペソにしました。

また、もし万が一海外旅行の際に現金を紛失すると取り返しがつきませんが、マネパカードならその心配がありません。また、もしマネパカードを紛失してしまっても、24時間365日対応のサポートデスクに連絡すればセキュリティロックをかけた上で、連絡時点の残高を保証してくれます。リスクヘッジという意味でも便利なカードです。

新しい海外旅行の必需品【マネパカード】

まとめ

外貨両替をお得にすることができ、何が起こるかわからない海外旅行でのリスクヘッジにも役立つマネパカード。16歳以上なら誰でも作ることができますので、これを機会に活用されてみてはいかがでしょうか?

-海外情報

おすすめ記事

giftcard 1
Amazonのギフトカードが格安で買えるサービスが発足!密林での買い物がよりお得に!

最近始まったギフトカードの個人間取引ができるサービス「ギフル」ってご存知ですか? ...

71-iFIHKV6L._SL1500_ 2
【Aukey PL-WD06】スマートフォン用カメラレンズなら旅行で風景写真が綺麗にとれる!

いい写真を撮りたくて、一眼レフやコンデジを買いたいと思う方は多いでしょう。しかし ...

StockSnap / Pixabay 3
【在宅ワーク】在宅で記事を書くライターになり1文字1円以上の収入を得る方法

最近、文章を書く力・文章構成力にオシャレさを見出してきました。 文章を書くのにも ...

2 4
初心者のためのWebデザイン独学の方法と参考書を現役エンジニアに聞いてみた

今回は、htmlとcssといったWebデザインに関してどうやって学べば良いかを、 ...