【体験談】カナダのホワイトホースで見れたオーロラはレベル2だったという悲劇

今回は、takanori(PN)さんからの投稿です。

ホワイトホース・オーロラの旅

3泊5日のオーロラを見るためだけに、カナダのホワイトホースへと弾丸ツアーをしてきました。

私が泊まったところは、日本人がロッジを運営しているので日本語が通じ、日本人にあった料理も提供されました。

バンクーバーから民間飛行機でホワイトホースまで行くのですが、あまりのボロさにかなり怖い思いをしました。非常口付近からの強いすきま風がさらに、恐怖を煽っていました。

しかし、その甲斐もあって飛行機からオーロラを見ることができました!!

「意外と簡単にオーロラって見られるだなぁ」とそのときは思っていたのですが、これは間違いでした。

現地ではほとんどが、曇り!

オーロラが見られることが滞在中はほぼなく、奇跡的に見ることができてもレベル2の霞程度でした。

なんとか撮れたレベル2のオーロラ

なんとか撮れたレベル2のオーロラ

もちろん見れないよりは良かったのですが、カメラレンズに写るのが精一杯といった感じでした。画像が小さくて申し訳ありません。

結局、肉眼で見られたのは飛行機から見ることができた1度きりでした。

オーロラは、自然相手なので見られない人もいるということを思い知らされました。

晴天だとしても太陽光の地球への届き方で、見られる位置も時間もまちまちのオーロラは、まさに「夜空からの贈り物」という認識です。

宿泊したロッジは屋内から夜空を観察することができるのですが、本来は外にキャンプを張ってみんなで夜空を見ることが本来のスタイルとなっています。

ただ、-30℃の中で何時間も耐えるのはものすごくしんどいのでご注意を。

オーロラは残念でしたが、景色と夜空を堪能できた旅となりました。

次回は、ぜひオーロラを捉えてみせます!

まとめ

オーロラを見ることは難しいとよく聞きますが、実際に体験談を聞くと、あらためて実感させられますね。

場所によってもオーロラの出現率が異なるので、オーロラ初心者の方は、まずは出現率の高い場所への観光を検討するのがいいかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です