Student-Business

プログラミング・フィリピン留学・海外旅行など自分の体験を記事にしています

フィリピン留学

【徹底分析】僕がフィリピン語学留学の事前学習でやったこととその理由を熱く語る

2016/11/12

Comfreak / Pixabay

みなさん、こんにちは。

今回は、僕がフィリピンの語学学校に行く前にどんな勉強をしたかをまとめたいと思います。

めちゃくちゃ戦略を練りましたので、フィリピン留学者の参考になることかと思います。

まずは、どんな勉強をするか戦略を練るところからはじめます。

彼を知り己を知れば百戦殆うからず。彼を知らずして己を知るは一勝一負す。彼を知らず己を知らざれば戦う毎に殆うし。

と昔の偉人も言っているわけですし、僕もそれに倣ったわけです。

はじめに

なぜ事前学習をするのか

そもそも、なぜフィリピンに語学留学にいくのに事前学習するのかについてお話します。

これには、主に2つの大きな理由があります。

理由1:僕のフィリピン留学の滞在期間が2か月しかない

理由2:フィリピンに2か月間の留学で英語を話せるようになった人はいない

つまり、普通に語学学校に留学したのでは、「留学失敗」することになるでしょう。

フィリピンに2か月間の留学で英語を話せるようになった人はいない」といったのには、もちろん裏づけがあります。

僕は、語学学校が提供している「留学後のスピーキング力の変化」という動画を片っ端から見ました。

また、あらゆるブログを訪問して、体験談をチェックしました。

いくつか例を上げましょう。

・TOEIC900点で2か月間語学留学に行った人

結果:スピーキングはそこそこできるようになっていた。

(単語はDUO3.0を網羅している感じだが、熟語はDUO3.0以下のレベル)

・TOEIC500点で2か月語学留学に行った人

結果:TOEIC800点突破(スピーキングは基礎的な単語を使っていた)

・TOEIC500点以下で3か月語学留学に行った人

結果:TOEIC800点突破(スピーキングは基礎的な単語を使っていた)

これは、2か月では確実に話せるようにならないことを示しています。

TOEIC800点というと、すごく英語ができるように見えるが全くもって違うと僕は思います。

批判的になってしまって申し訳ないのですが、TOEIC800点の方のほとんどは英語が喋れないというのが事実です。

なので、「TOEIC800点とれるようになるぞ」と意気込んでいくのは、テスト勉強をしに行ったのか、英語を話せるようになるために行ったのか分かりません。

TOEIC800点というのは、海外に2か月もいれば簡単に取得可能です。

2か月いれば、TOEICでリスニング430点くらいなら誰でも取れるでしょう。それに加えて、370点をリーディングでとるだけの話なのです。

そもそも、800点くらいなら特急シリーズを片っ端からやるだけで取れるようになります。

僕の友達が、TOEIC560点から865点まで特急シリーズだけで上げました。

【TOEIC】TOEIC参考書の特急シリーズは伸び悩んでる方に最高におすすめなので全種類まとめ!友人が300点アップ達成!!

ここまで来ればお分かりのことかと思いますが、英語を話せるようになるには、事前学習は絶対にしなくてはいけないのです。

留学成功のための戦略を考える

まずは、フィリピン留学に行って学べることは何か考えました。

これは、アメリカ留学と比較してみるよく「フィリピン留学」がどのようなものなのか分かります。

留学で上達すること フィリピン留学 アメリカ留学
1、日常英会話
2、事象を英語で説明
3、ライティング・リーディング
4、リスニング

表では、あえてスピーキングを二つの種類に分けました。日常英会話と事象を英語で説明と記載しています。

この表でまず示しているのは、日常英会話はフィリピン留学ではほぼ学べないが、難しい単語を用いて物事をしっかりと説明するのは上達するということです。

というのも、アメリカ留学に1年行った人のスピーキングをyoutubeでいくつか確認して、フィリピン留学者との違いにこんなことがあったからです。

1、難しい単語は知らない。基本的にはDUO3.0レベルのボキャブラリー

2、熟語・フレーズの使用頻度が高い

つまり、日常英会話で用いる熟語・フレーズをアメリカ留学では学べるが、フィリピン留学では学ぶのが困難であるということです。

なぜ、困難なのかというと、フィリピン留学では個室で1対1をずっとしているわけで、座学になりがちだからです。

そんな中で、熟語やフレーズを1から勉強するのは、なかなかの精神力が必要です。

つまり、フィリピン留学の前に熟語も学ぶべきだというのが僕の見解です。

ちなみに、海外ドラマを聞き取れない理由の1つにも熟語を知らなすぎるというのがあると思われます。

表で次に着目したいのが、リスニングです。

フィリピン留学では、アメリカ英語をリスニングできるわけではないので、いざアメリカ英語をリスニングすると聞き取れないということが想定できます。

加えて、体験談でよく見かける文がこれです。

初めのうちは、聞き取れなかったけど、慣れてくると聞けるようになってきました。

リスニングの勉強をしていかない人が多すぎるのです。

大体の留学者は、先生の話していることをある程度聞けるようになるまでに、2週間ほどかかっているようです。

これは、致命的にやばい状況です。

2週間かかって、ゆっくり分かりやすく話してくれている英語を聞き取れるようになったという事実を示しているからです。

特に注意して学ばなくてはならないことを、これらのことを踏まえてまとめ直してみましょう。

1、熟語・フレーズを学ばなくてはいけない

2、リスニングをできるようにしておかなくてはいけない

これらができないから、フィリピン留学者は英語が使えるようにならなかったと口を揃えていうわけです。

とにかく、これを踏まえて勉強法を考えてみました。

勉強の目標を明確にする

ともあれ、僕は英語の勉強をやめてから2年程経っていたので、かなり悲惨な英語力でした。それなので、英文法と単語の復習もやりました。

当時の状態と勉強の目標とするところはこんな感じです

当時の状態と勉強の目標

勉強項目 当時の状態 目標
単語 全く単語が出てこない 準1級レベルをすらすら
熟語 ほとんど勉強したことがない 準1級レベル
文法 時制すらも危ういレベル。 Grammar in Useレベル
リスニング TOEICで400点くらい とにかく耳を慣らす。
スピーキング ほぼ喋れない 喋ることのストレスを軽減

それでは、実際にやったことについても見てみましょう。

実際にやったこと

順番に、どんな方法で勉強していったか見ていきます。

あえて、大半の英語学習者の死角にあるリスニングから始めることにします。

リスニングの勉強

ESLPodcastでリスニング

リスニングの勉強には、ESLPodcastが最強でした。

ESLPodcastだけで、英語を使いこなす人がでるほど、洗練された文章が読まれています。

実際に公式サイトを見てみると、Podcastを運営している教授に感謝のメールが届いていることが分かります。

リスニングだけでなく、単語や熟語の復習にも非常に効果的だと思います。

僕は、iphoneのpodcastで購読(無料)して、聞き流していました。

podcastで購読しておくと、いつでも聞けるのでおすすめです。

PC用のサイトからも聞くことができます。

ウェブサイトはこちら

パス単語準1級でリスニング

英検準1級 でる順パス単 (旺文社英検書)は、Amazonのレビューなんかを見て頂ければわかると思いますが、リスニングの勉強にも非常に使えます。

単語レベルは、そこまで高くなくDuo3.0より少し難しい程度です。

ただ、Duoと被っているところもあるので、復習にも使えました。

例文を聞いて、すんなり頭に入るように心がけていましたが、実際は聞きとれない文章もありました。

熟語の勉強

次に、説明したいのが熟語の勉強です。

まずは、キクジュク―聞いて覚えるコーパス英熟語 Basic1800キクジュクSuper3600―聞いて覚えるコーパス英熟語の2冊を僕はやりました。

他の単語帳でも全然いいと思うのですが、熟語は耳から簡単に覚えられるのでこれにしました。ただ、前置詞の意味をしっかり理解していないと効率が悪いので、そういう方は解体英熟語 改訂第2版[ブック型]をやるといいと思います。

その後に、熟語は準1級レベルを目標としていたので、以上の単語帳で熟語を学んだあとは、英検準1級 でる順パス単 (旺文社英検書)の後ろの方に載っている熟語集を覚えました。

とりあえず、英語学習者ならDuo3.0の使用率は高いと思うので、これを基準にして熟語に関して少し説明します。

まず、言いたいのが、Duo3.0で熟語は身に付きづらいということです。

熟語は、熟語帳でまとめて覚えた方が、記憶に残りますし楽に覚えられます。

僕は、先程述べたように、

の2冊をやってからDuo3.0をやったのですが、Duoの熟語レベルが少し低く思えました。

単語の勉強

大学受験程度のボキャブラリーがあれば、ある程度しゃべれることは分かっていたので、まずはその復習。そのあとパス単準⒈級をやりました。

大学受験英単語の復習はこれ一冊でOK

▼英単語・熟語・慣用表現を一気に覚えられるDUO3.0はすごくおすすめです。

Duo3.0は以前、留学に持って行きたい単語帳として紹介しました。万人におすすめできる単語帳です。

参考【フィリピン留学者必見】留学を成功させるために最低限持っていきたい持ち物まとめ

これをCDを使って、繰り返しやると大学受験程度の知識を網羅できます。ただ、やはり熟語は弱いので熟語帳も自分に合ったものを用意しましょう。

留学中に単語暗記に時間を割かないようにするための一冊

留学中、基礎的な単語の暗記が終了すると難しい単語を暗記することになると思います。用意されるテキストも難しくなり読むのが困難になるでしょう。

そんな時に、単語の暗記から始めるのでは効率が悪いですよね。僕もそう思ったので、事前に準1級までの単語を押さえておきました。

高校生ならDuo3.0までやっておくのでいいと思うのですが、大学生にもなると準一級・一級は押さえておきたいですよね。

文法の勉強

単語と文法を知らなければ、英語は喋れません。喋れた気になっていても、ネイティブからすれば変に聞こえているかもしません。

文法の勉強は、基礎的な英文法と難易度の高い英文法といった様に2段階に分けてやりました。

スピーキングには、基礎的な英文法だけしか必要ないのですが、ライティング・リーディングでは難しい文法を用いて記述することが多いからです。書き言葉と喋り言葉って日本でもありますよね。英語では、英文法に関しても顕著にあらわれます。

スピーキングの練習を早くからしたい人は基礎的な英文法だけ抑えて、後でライティング様に難しい文法項目を勉強すれば良いと思います。

基礎的な文法書

簡単で分かりやすいけど、基礎を完璧に網羅できている本をまずはやりました。

それが、キク英文法 (英語の超人になる!アルク学参シリーズ)です。正直、この本を5周くらいすれば話す為の基礎はかなり固まりますし、実際後は単語力さえあれば話せるようになります。

何周かして、文法項目を抑えたら付属のCDを使うことをおすすめします。読まれた英文に対してどの文法項目が使われているか当てるクイズみたいのをやるとさらに文法が定着します。

瞬間英文法!とでも言いたいのですが、瞬時に英文法項目を持ってこれるように訓練するのをおすすめします。

発展的な英文法書

英文法に加えて英熟語・語法・慣用句などの勉強におすすめなのが、ALL IN ONEです。

大学受験の参考書ですが、これを完璧にすれば知識がさらに深まります。語法・英熟語について同時に習得できるのでかなり便利です。これを完璧にすれば、大学受験であれば難関大学に余裕で受かることができるでしょう。

続いて「英文法はもう学ばなくて良い」僕がそう言えるようにするのに使った最後の英文法書を紹介します。それは、全解説頻出英文法・語法問題1000 (大学受験スーパーゼミ)です。他にも一億人の英文法 ――すべての日本人に贈る「話すため」の英文法(東進ブックス)など数冊やってみましたが、今回あげた3冊で英文法学習は完成します。TOEICはもちろんですが、TOFLEでも余裕で通用するようになりました。

この本は難しい英文法も完全に網羅しています。この本は、2冊に分かれるようにできており、薄い問題編冊子とその数倍の厚さの解説編冊子の2部構成になっているので、尋常じゃなく解説が丁寧で分かりやすい。

スピーキングの勉強

スピーキングはフィリピンに行ってから勉強できるので、慣れる程度にやっておけばいいかなと思いました。

そこでオンライン英会話を利用して勉強しました。僕はあまり身しみてやらなかったのですが、留学前に絶対にやっておいたほうがいいと思います。

英語学習への免疫・慣れの練習にもなります。英語が喋れないことへの精神的なダメージに慣れることができたので、留学後も鬱にならずに済みます。

おすすめのオンライン英会話は「NativeCamp」です。

NativeCamp(ネイティブキャンプ)

予約不要で、ウェブサイトでレッスンを受けることができます。24時間無制限でレッスンを受けることができ、月々5000円程度しかかかりません。また、1週間無料でレッスンを受けることができます。

僕も3か月間利用していましたが、間違いなく一番のおすすめです。安さもそうですが、予約不要なのでやりたい時にやれるのはメリットだと思います。また、ウェブサイトでレッスンを受けられたのですが、音質が物凄い良くノイズなどは全くありませんでした。


まとめ

語学留学の事前学習について具体的に書いてあるサイトが見当たらなかったので今回記事にしてみました。これは僕の例なので、皆さんもご自身にあった勉強法を考えて、しっかり事前学習をしておくことを強くおすすめします。

事前学習をしていかないで、留学後に「もっと前もって勉強しておけばよかった」と言っている人はたくさんいます。ですので、事前学習をしてよりよいフィリピン留学をめざしてください。

この記事がみなさんの参考になれば幸いです。

-フィリピン留学

おすすめ記事

giftcard 1
Amazonのギフトカードが格安で買えるサービスが発足!密林での買い物がよりお得に!

最近始まったギフトカードの個人間取引ができるサービス「ギフル」ってご存知ですか? ...

71-iFIHKV6L._SL1500_ 2
【Aukey PL-WD06】スマートフォン用カメラレンズなら旅行で風景写真が綺麗にとれる!

いい写真を撮りたくて、一眼レフやコンデジを買いたいと思う方は多いでしょう。しかし ...

StockSnap / Pixabay 3
【在宅ワーク】在宅で記事を書くライターになり1文字1円以上の収入を得る方法

最近、文章を書く力・文章構成力にオシャレさを見出してきました。 文章を書くのにも ...

2 4
初心者のためのWebデザイン独学の方法と参考書を現役エンジニアに聞いてみた

今回は、htmlとcssといったWebデザインに関してどうやって学べば良いかを、 ...