Student-Business

プログラミング・フィリピン留学・海外旅行など自分の体験を記事にしています

ライフスタイル

ニートが自室で1年間空気を殴り続けた結果【ボクシングやり方】

2017/02/17

skeeze / Pixabay

みなさん、こんにちは。

今回は、筋力値0の僕が、自室で1年間空気を殴り続けた話をします。

空気を殴ったということですが、一人でシャドーボクシングをしている姿を想像していただければなと思います。

ちなみに、この期間中に、一度も腕立て伏せとか腹筋なんてものはしませんでした

ただただ空気を殴っていたんです。見えない敵と戦うかのごとく。

しかし、月日の流れるのは早いもので、あっという間に1年という時間が過ぎ去っていました。

さて、そろそろ本題に入っていきましょうか。どんなことを僕がしてきたのか・・・

きっかけ

なぜ、僕がシャドーボクシングを始めようと思ったのか。

もちろん強くなりたいという理由はあった。燃えたぎる熱い何かを胸のうちに秘めていた。

しかし、実際に僕にやるきっかけを与えてくれたのはこの漫画でした。

僕のバイブルの漫画・ホーリーランド

簡単に言うと、「いじめられっ子が、自室でボクシングを練習して最強になる本」です。

ここで、こんな感じのことが書かれていました。

誰でも筋肉は確実につけられる。筋肉ほど簡単に身につけられるものはない。

ほう・・・。それで、「僕も試しにやってみよう」、そう思いました。

しかし、筋トレはめんどくさいし、ダンベルすらない。それなので、ワン・ツーをやり続けました。

 

漫画のあらすじはこんな感じです。

高校生の神代ユウは、家にも学校にも居場所を見つけられず夜の街にいた。華奢な外見であり、ひ弱ないじめられっ子であったユウだが、ある時、ボクシングのワン・ツーを覚え、人知れず自室で訓練を繰り返す。そして何ヶ月か経った頃、夜の街で自分に絡んできた不良達をワン・ツーで倒していったユウは、次第にヤンキー狩りと呼ばれ恐れられる程になっていた。その名に引かれるように、腕に憶えのある不良や格闘家達がユウに挑みかかり、彼だけではなく初めて出来た友人や仲間達をも巻き込んでいく

参考:http://matome.naver.jp/odai/2136350301031604201

僕の初期スペック

ちょっと僕の初期スペックを紹介。割とホーリーランドの主人公と同じ感じ・・・、ぽっちゃり系であることを除けば。

・筋トレはしたことがない。

・腕立て伏せは、頑張れば8回くらい、多分。

・身長169cm、体重68kg (デブじゃない、ぽっちゃり系だ

実際にやってみた

もちろん。ボクシングジムに行く気なんてないし、雑誌に金を払う気もなかった。

そこで、youtubeの動画を参考にしました。

完全に独学な上に、適当にやりました。

練習時間

練習時間に関しては、平均すると1日30分程度しかやっていないと思われますが、1年の継続は確かな力になりました。

ワン・ツー編

まずはワンツーをこれを見てやり続けた。

この動画を選んだのは、単純に解説者が良かったからです。

僕と同じアンブロのズボンを履いていた。このズボンは、高校に入った時にソフトテニス部に入ろうとして買いました。

けど、ソフトテニス部は、練習初日に女子に負けたので、3日で退部した。

ともあれ、基本的にはこれを1年続けた。

1日に、暇な時に気分で何回かに分けてやるという感じでした。

最初は、筋肉もフォームも固まっていないのでまともにジャブすら打てません。けど、続けていくうちに正しいか分からないけど型ができました。

練習した時に、気にしたのは体を回転させながら体全体でパンチを打つことと、相手に当たる手前で力を入れることでした。相手はもちろん僕の妄想で作り出しました。

僕はなぜか180cmの相手との戦いを想定していて、若干上の方にパンチを放っていたが、より水平に放つようにしたらかなり打ちやすくなった。

あと、筋肉に負荷がかかるように意識すると筋力がつきます。

ちなみに、僕はいわゆるサウスポーのスタイルでやりました。

動画は、右利き用のやつですが、中二病全開の僕はサウスポースタイルにしました。

足の運び編

次に覚えたのは足の運びです。

というのも、ジャブとストレートでワンツーをやっていたのですが、明らかに足を使ったほうが力を伝えられそうだったからです。

シャドーボクシングってフォームの確認だけじゃなくて、動きながらもやってたような気がする・・・。

こんなことを当時思い始めていました。

足運びは、これで学びました。

足の動きを腕の動きと、コラボさせるのと体を回すことだけを考えて練習しました。

部屋が狭いので、あまり動きまわることはしませんでしたが、大体できるようになりました。

ここらへんまで来るのにダラダラやっていたので2ヶ月くらいかけてました。

ワンツーにハマりすぎて、ずっとやっていたせいもあります。

ただそのおかげか、上腕二頭筋がつきました。

そして、この時点でバンテージというものを購入しました。

これを買ったんですが、初めだったので安いものを適当に選びました。

バンテージの巻き方なんかも動画を調べればすぐに出てきます。いろいろな巻き方があるので好きなのを選ぶと良いと思います。

バンテージを巻くと雰囲気出るなと思って買っただけなのですが、練習にも効果があったと思います。

手首が固定されるためだと思うのですが、特にジャブが異様に打ちやすくなりました。力が伝わるのが実感できます。

とりあえず、バンテージを買っておくことを僕はお勧めします。

ただ、使用後にバンテージを巻かないといけないのが非常に面倒でした。

フック編

上の練習をひたすら続けていたのですが、そろそろ新しい技が欲しくなってきました。

そこで、ここでワンツーに加えてフックをすることにしました。

この動画は、左フックですが、僕は右フックでやりました。

サウスポーゆえに。

注意したのは、体の回転です。ただ、足の動かし方がかなり重要だなと感じました。

練習を始めたころ、フック以上に難しくて、バカ殿化(アイ~ンて感じにまじでなります)します。人前で練習したくない技ナンバーワンです。

もちろん練習してそこそこ形にしました。

この時点で、フックまでできるようになりました。

そこで、新しい技の習得はやめ、ひたすら繰り返すようにしました。

これらを4かヶ月もやると、なかなか筋肉がついてきたのが実感できます。

ついた筋肉は主に、上腕二頭筋、三角筋、大胸筋、僧帽筋、広背筋といったところでしょうか。腕と胸、肩の筋肉です。

こんなところで練習に関しては、おしまいです。

対戦

バンテージは友達?

バンテージを巻かなかった時に、調子にのってワンツーを放ちながら暴れまわっていたのですが、手を角にぶつけて何度か痛い思いをしました。部屋のカベに擦ったりもしました。

なんども、「くそっ」と苛立ちを覚えたものです。

部屋にある、全てのカベとカドにリベンジを誓いました。

初勝利

もちろん僕はぼっちですので、人間の対戦相手なんていません。

しかし、そんな僕でも初勝利をすることができたのです。

長い間連れ添ったバンテージと共に勝利の喜びを分かち合いました。

カベに勝利!!!

写真 2016-08-06 0 23 27

はい。部屋のカベに穴があきました・・・。

ただ、バンテージを巻いていたので一ミリも痛くありませんでした。

防具最強だなと思いました。

素手でも痛くないかもしれませんけどね。

1年の成果

不良との喧嘩で勝てそうか

正直言いますと、筋トレしまくってるゴリラには勝てないと思います。捕まったら終わりでしょう。

しかし、確実に相手に1発入れるくらいの速さは手に入れました。

筋力はもりもりついたわけではなかったのですが、直線距離で相手にパンチを届かせる技術を習得できたと言えると思います。

ボクシングはとにかく速く打てるので、もしかしたら相手に何もさせずに勝つこともなきにしもあらずでしょうか。

ここにきて、筋トレをしていればかなり強くなれたのかなとも思いますね。

漫画では、筋トレまでしていたので主人公が不良を倒せたのもうなずけます

良かったこと

一瞬でものをつかめるようになった

これは意外と日常生活で役立ちます。

僕はスマホをよく落とすのですが、手から滑って落ちても地面に着く前にキャッチできます。

机からペンや消しゴムを落とした時もそうです。

反射神経というよりは、まっすぐに手が出せるようになったからできることだと思います。

意外とナイスボディーに

ランニングしてたわけではないので、体重はあまり変わりませんでした。

しかし、胸筋がついたので筋肉質な体っぽくなって男らしくなりました。

腹は腹筋なんてありませんが、服を着た際には見えないので、はたから見たらなかなかいい体つきです。

悪かったこと

手首が強くならなかった

本来なら、サンドバックを殴ってみたり、筋トレしたりして手首の周りも鍛えなければいけません。

けど僕は、空気を殴っていただけなので、手首が貧弱なままです。

なので、完全に諸刃のつるぎ的なものが出来上がってしまいました。

僕が誰かを傷つけようとしたならば、僕の手首も折れることでしょう。

服がピチピチになった

今まで着れた服が、小さくなりました。

新しく買わないとダメになったのは、良くなかったですね。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。これが僕のくだらない1年を振り返っての記録です。

しかし、1にち30分とかでできるので試しにやってみてはいかがでしょうか。

やってみると結構楽しかったですよ。

-ライフスタイル

おすすめ記事

1
【ホワイトニング】自宅で歯の黄ばみを白くするなら歯磨き粉トゥービーホワイトがおすすめ!理由と効果まとめ

  自宅で、歯磨きするだけで歯を白くできる市販の歯磨き粉をみなさんはご ...

h1_kv_04 2
ポイントたまりすぎ!マクドナルドで楽天ポイントカードが使用可能に!マックでの使い方・活用方法まとめ

  早くて安くておいしいマクドナルドを、よく利用しているという方も多い ...

71-iFIHKV6L._SL1500_ 3
【Aukey PL-WD06】スマートフォン用カメラレンズなら旅行で風景写真が綺麗にとれる!

いい写真を撮りたくて、一眼レフやコンデジを買いたいと思う方は多いでしょう。しかし ...

StockSnap / Pixabay 4
【在宅ワーク】在宅で記事を書くライターになり1文字1円以上の収入を得る方法

最近、文章を書く力・文章構成力にオシャレさを見出してきました。 文章を書くのにも ...

2 5
初心者のためのWebデザイン独学の方法と参考書を現役エンジニアに聞いてみた

今回は、htmlとcssといったWebデザインに関してどうやって学べば良いかを、 ...